坂東流幹部師範 坂東 啓 日本舞踊教室(港区 大田区)日本舞踊、着付けの基礎、和室の立ち居振る舞い 美しい所作…日本のこころを学ぶ教室  

よくお問い合わせいただくご質問にお答えします。

Q. お稽古日や時間について教えて下さい
A. お稽古日はご希望により4回から8回ほどです。1回の稽古時間はその方に合わせて30分〜45分ほど。時間は午後1時〜8時までです。そのほかはご希望をご相談ください。

Q. 自分で着物が着られなくても大丈夫ですか?
A. 大丈夫です、着られない方には着物の着付けから丁寧にお教えします。

Q. お月謝はいくらぐらいですか?
A. ご希望の稽古回数により異なります。1万円から2万円です。

Q. お稽古を始めるにあたり、最低限必要なものはありますか?
A. 簡単なお稽古着(浴衣でOKです)、帯、下着、紐、そして白足袋です。

Q. 何らかの資格や名前をとることができますか?
A.
1年以上お稽古にはげみ、長唄「富士」と清元「さくら」という6分程度の曲が踊れるようになると希望によりそれぞれの修了書をいただくことができます。(これはお稽古場の先生の任意により申請します)

入門して3年が経つと名取試験を受ける資格が得られます。
合格すると「坂東○○」という踊りの名前を頂きます。
坂東会の会員となり、坂東会の様々な行事に参加することができます。

名取になると、師範名取試験に臨むことができます。
試験に合格後は、師範名取としてお弟子さんを育てることが可能になります。

※日本舞踊の場合、そのお流儀の名前を許されることを「名取(なとり)」といいます。
資格というよりも「お名前をいただく」という言い方が適当です。「お名前をいただく」ことが到達点ではありません。試験に合格した後は坂東流の一員として自覚をもって勉強していきます。


金曜 13時~20時
JR蒲田駅下車 徒歩6分
京急蒲田駅下車 徒歩4分
詳細へ>>>

 
水・土・日曜 13時~20時
大門駅 徒歩2分
JR浜松町駅 徒歩6分
御成門駅 徒歩5分 詳細へ>>>
   
※その他の曜日もご相談ください
坂東啓日本舞踊教室 トップページ メールでのお問い合わせはこちらから! 今月のお稽古日