坂東流理事 坂東 啓 日本舞踊教室(大田区・港区・川崎市)日本舞踊、着付けの基礎、和室の立ち居振る舞い…日本のこころを一緒に学びましょう。出稽古、講演もご相談ください。  


数十年もお稽古を積んでいる方たちをはじめ、若い頃に経験され、再びお稽古を始められた方や
幼いお子さん、若い人達も稽古に励んでいます。
「先生、おはようございます。」
まずはご挨拶から。稽古は礼に始まり、礼に終わります。昔、多くの子女が日舞を習っていた理由のひとつが立ち居振る舞いを学ぶため。納得ですね!こうするうちに自然と所作を学んで行きます。
お稽古や発表会の際、浴衣や着物の着方が分からない方には着付けの指導やお手伝いをします。諸先輩方が手伝って下さったり、着付け勉強会では講師が教えてくださいます。
さあ、お稽古の始まりです。初心者の方でも大丈夫。まずは短い曲に取り組みながら、体を動かします。こうして体と感覚を少しずつ慣らして行きます。曲の内容や意味、背景も加味して表現していきます。
続けると目に見えて上達して行きます。知らず知らずのうちに着物も体に馴染んでくるから不思議です。時には大きな鏡を見ながら先生との形の違いを確認して練習します。先生の美しい形と自分の形の違いに唖然とすることも…!(汗)
先生を真似て踊ります お稽古風景
難しい曲になると、自然と力が入ります。力を入れているようで、肩には力を入れはいけないし…。呼吸と気と…曲と間と…あらゆる感覚が目覚めて行くような気がします。指の先まで意識するので所作も自然と綺麗になって行きます。
今は亡き先代・坂東三津春の稽古の様子。
日舞をやられている方はウソのように実年齢よりかなり若々しくお元気な方が多いのも事実です。足腰はもちろん、体の中心的筋肉、体幹が鍛えられていくのが日本舞踊の特徴です。
お稽古後の談笑 大きな鏡がある明るいお稽古場
ちょっと談笑。最近どうですか?和やかな時間が流れます。
先代から受け継がれた蒲田の稽古場。
高輪教室での稽古風景。
ここでは地の利や土日の稽古が多いこともあり、平日お仕事をされている方が多く来られます。
基本はマンツーマンでの指導ですが、組で踊るものはパートナーと時間を合わせて一緒にお稽古することもあります。
「白金高輪教室」お稽古風景 「白金高輪教室」お稽古風景
稽古はひとつには自分の体のクセを知り、直していく作業でもあります。こうして美しく見える形、位置、表現力を自分の体をもって学んで行きます。
自らがあらゆる人物やものになり、森羅万象を表現して行きます。曲と一体となって体が自然に動き出した時の感覚はいかにも不思議で心地良く、終わった後にはさわやかな達成感が残ります。
   
 
月・水・金
午後1:00~午後8:00
JR蒲田駅下車 徒歩6分
京急蒲田駅下車 徒歩4分
詳細へ>>>
 
土・日
午後1:00~午後8:00
南北線 白金高輪駅 徒歩2分都営三田線 白金高輪駅 徒歩2分 詳細へ>>>
   
  ※蒲田教室、高輪教室は他の曜日もご相談ください    
 
坂東啓日本舞踊教室 トップページ メールでのお問い合わせはこちらから! 今月のお稽古日